top of page

【展示】2023 5.13 sat-5.15 mon occhi solo exhibition[KANDORITHMPARTY] ※入場無料


/// info ///


・Date...

2023 5/13(sat)~5/15(mon)


・Open...

5/13(sat)...10:00-22:00

5/14(sun)...11:00-20:00

5/15(mon)...11:00-20:00


・Entrance

無料



/// intro ///


「どこにでもあるカタチで、どこにもない絵画を」


ビンゴゲームで景品が出そうなKANDORITHMPARTYという個展を開催するocchiこと神鳥忠央といいます。


あ、絵や作ったものを展示します。笑


名古屋の小さな工場で25年働いています。ご想像の通り「芸術」について専門的な教育を受けておらず、絵を描く習慣すらありません。


ただ、絵を描くことは今まで、好きでいられたし、素人だからこそ描ける絵画もあると思っています。


自分の絵におけるコンセプトは、好きな小説家からヒントを得た考え方で取り組んでいます。


「どこにでもあるカタチで、どこにもない絵画を」


「どこにでもある材料で、どこにもない家具を」


コレは、限りある資源を丁寧に使っていき、持続可能な地球を保ち続けることに繋がります。



/// prof ///


1979年、愛知県で生まれる。

小さな頃、母方のお婆ちゃんの家でパンにマーガリンを塗るのを褒められて以来「塗る」ことは、好きでいる。 


今から約10年前。仕事で大きな挫折を味わう。

個人の力の無さを痛切に感じる。


誰かの助けを借りるのではなく、誰かに手を差し伸べる人でありたい。

そんな思いで、携帯電話を解約し、好きな本を読み、好きな文章や、好きな単語をまとめる日々を送った。


そこで、約7000単語を手書きで収録した「KANDORI DICTIONARY 」を自費で作った。


アーティストは、物事を人とはちがう角度から眺めるものであり、そして、独自の技術を使ってそれらを表現する人。


幼少期からの少し変わった性格が相まって、人とは違う物事の捉え方を意識するようになる。


たくさんの「漢字やひらがな」を描くことで誰が見ても見やすい字を描くことを心がける。


そうして、生まれた「自分にしか描くことができない抽象画」にたどり着いた。


ように思う。



/// more info ///


・HP







Comentarios


Recent Posts
bottom of page