© 2015 by #1010
 

Recent Posts
Please reload

2016 5/9-5/15 髙田雄司 個展【雨の日も風の日も、】

May 4, 2016

 

 

・コンセプトおよび挨拶文

降りかかる雨は考える時間をくれ、向かい風は忍耐を経て追い風になる。

心に籠めて日々を生きています。

 

タイトルの「雨の日も 風の日も、」について、

人はすぐに不平不満を言う、諦める、言い訳をする、嘘をつく、嫌いだ。

でも動物は違う、現実から逃げないし、逃げられない、最後の最期まで向き合っている。

自分もそうでなければならない。

人は恵まれ過ぎているから。すぐに不平不満を言う。何でも当たり前だと思っている。人のせいにする。環境のせいにする。そんな事は決してない。向き合わなくてはならない。

 

向き合うことで雨の日や風の日に何をしなければいけないのか見えてくる。雨には雨の良さ、

風には風の面白さが見えてくる。

 

絵を描くことで自分自身との向き合い方を探しています。

動物と向き合う事で自分が描くべき事を自覚させてくれます。

 

 

 

・髙田雄司

1991年4/28日

3年程前から絵を描き始め名古屋を中心に活動しています。作品はアクリル画をメインに制作しています。

動物をモチーフに絵を描くことが多いです。

ですが動物を好きという事ではないです。生き物が死を迎え、骨になり皮になった物が好きです。

骨、皮、貝殻、羽根、流木、化石などを集めています。

 

描く動物作品のほとんどが正面を向いています。

これは「向き合う」という意味を持っています。

何と?「自分」と動物を通して向き合っています。

 

 

・略歴

専門学校名古屋デザイナー学院 卒業 2014

ROPPONGI  デザイナーズフラッグ 2013 入選

クリエーターズマーケットVOL.28 VOL.31 VOL.32 VOL.33 出展

名古屋市民ギャラリー展示 2013,14,15

Golden Child Cafe 個展 2014

セントラルパークギャラリー展示 2015

TURNER AWARD 2013 一次入選

TURNER AWARD 2015 入選 東京 大阪 札幌 名古屋 巡回

#1010ギャラリーにてライブペイント

Please reload